広告効果

広告効果測定

広告の目的は「認知度を高める」から販売促進の強化など目的はさまざまです。

インプレッションとは?impressions-keep-on-pushing-01

広告がどの程度表示されたかを表します。「表示回数」ともいう。

クリック÷インプレッション=クリック率

インプレッション数が少ない場合は広告を掲載した媒体に集客力がないと考えられる。リステイング広告のインプレッションが少ない場合は検索数の少ないキーワード入札か予算が少なく露出されてない理由が考えられる。

インプレッション単価(Cost Per Mille)

広告掲載料金の単価の1つ。インプレッション1,000回あたりの料金。

CTR クリック率(Clik through Rate)

クリック率とは、広告が表示された回数のうち、広告がクリックされた回数の割合(クリック率)。

CTR =クリック数÷インプレッション数×100

ディスプレイ広告が1,000回表示され広告が100回クリックされた場合はクリック率が1%。

クリック率が高いということは、広告が表示されクリックされる率が高い。

CTC(Click to Conbersion)

総クリックに占めるコンバージョン数の割合。CTCが大きいとそれだけ効果の高い施策と判断できる。

CTC=クリック数÷コンバージョン数×100

100000クリック÷コンバージョン1,000件=CTA1%

25000クリック÷コンバージョン500件=CTA2%

CTA2%が広告効果が高い。

 

関連記事

NO IMAGE

インターネット広告の現在

NO IMAGE

意識する。

NO IMAGE

アクセス指標

NO IMAGE

5・4・3・3・3

NO IMAGE

オリジナルはいいことか?

NO IMAGE

なぜ?人は買うのか