鉄の町「九条」

昔友人が住んでいてたまに遊びに行っていた
大阪の九条がガイアの夜明けに出ていました。

鉄の町「九条」は後継者不足で40年前と比べて
金属加工の会社は1/4に激減し衰退している。

昔の「九条」の強み。

「1工程」から「10工程」まで仕上がって
1週間で納品できるのが強みだった。

金属加工

大企業の場合は金属板加工で8工程ある場合、大量生産するなら
何十万もする金型を特注して作業する。
町工場は少量多品種のもの依頼が多く、少量で金型を何十万も出して作れない。

町工場の強み

「8工程」もあり少量多品種で依頼を受けた場合、金属加工40年75歳ベテラン職人は20分程度で金型に代わる物を自作し金型を作り上げた。

いい機械だったら速くて自動でたくさんできる、町工場はどうやって戦っていくか?

技術の蓄積で戦っていかなければならい。

町工場の仕事は単価が安く、「アイデア」「経験」を生かし効率よく作業しないと勝てない。

SWTO「九条」

好影響 悪影響
内部環境 Strength(強み)少量多品種で工程も多い作業が得意。 Weakness(弱み)大量生産ができない。作業も受注もアナログ。
外部環境 Opportunity(機会)需要はあるので後継者と認知されれば受注が増える。 Threat(脅威)後継者がいない。

町工場が衰退していく中、組合を立ち上げベテラン職人の技術を動画で記録し、認知してもらうために業者に町工場見学ツアーを開催を企画して技術を守ろうとする鉄の町「九条」。

関連記事

NO IMAGE

どのような「変革」をもたらすのか?

NO IMAGE

SWOT分析

NO IMAGE

ラーメン食券連れつけ麺

NO IMAGE

こりゃ便利だ

NO IMAGE

Simplicity

NO IMAGE

何を買っていいの?