mobikeモバイク

中国の自転車サービス「モバイク」が日本に進出。モバイクは2016年に上海でサービスを開始したベンチャー企業。中国全土で500万台を展開する。

スマホで近くの自転車を探して、スマホで自転車の鍵を開けて、料金もスマホで決済。

探して開けて決済をスマホで全てできてしまう。

来月開始

スマホのアプリを使って、GPS付き自転車を探す。利用者は自転車を探して、QRコーデを読み取ると数秒で解錠され乗ることができる。

30分100円以下で試験提供するとみられる。

放置自転車の増加を防ぐため、自治体、駐輪場を持つコンビニやレストランも協力してるれるなどいいサービスですね。

 

積ん読

靴磨きの本

TVで女性靴磨き職人GAKUplusの「河村まな」さんの特集で靴磨きに興味が湧きました。

積ん読で買って放置していたこの本を引っ張り出してきて靴磨きをしました。

なんと動画あるじゃないですか!布巻きつけ早すぎて・・・・

 

「河村まな」さんも栄養クリーム素手でつけて本にも素手だったので思い切って素手でつけました。

何から買っていいかわかりませんが、本である程度必要な物が個別で載っていたのですがやはりセット販売が魅力的です。

 

動画ってわかりやすいですね。

セレンディピティ

一原有徳(いちはらありのり)

日曜芸術は版画家の「一原有徳」でした。50歳を越えてから版画家として活動を始め、晩年まで版画家として活躍。「人のやらない事をやる」実験的で挑戦的な試みから生まれた作品が特徴。

版画の概念を変える

版画ではなく、石膏の上にインクをのせ版画の概念を変える。イメージを持ったら先人の後を追い色々なものを見ると模倣になってしまう。

「フロー状態」

ゲスト脳科学者の茂木さんがチクセントミハイ「フロー状態」の話も出ましたが「セレンディピティ」という言葉が気になりました。

セレンディピティとは?

セレンディピティは、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという『現象』ではなく、何かを発見をする『能力』を指す。平たく言えば、ふとした偶然をきっかけにひらめきを得、幸運を掴み取る能力のことである。

引用元 wikipedia

セレンディピティ事例

19世紀半ば、薬剤師ジョン・S・ペンバートン博士がヨーロッパで人気があった薬用酒「ビン・マリアーニ」を真似て、「フレンチ・ワイン・アンド・コカ」という商品を開発しました。

ワインにコカの成分を入れた「フレンチ・ワイン・アンド・コカ」は人気を集めたのですが、まもなく禁酒法が施行され、この製品は販売禁止になります。

ペンバートン博士はアルコールを使わない製品に開発に力を入れますが、上手くいきません。ある時に水と間違えて炭酸水を入れたところ、今までにない味の液体が出来上がりました。ペンバートン博士は、これは売れると考えて製品化したのが、現在のコカ・コーラの起源なのです。

セレンディピティに必要なもの

共通して言えるのは「変化に気付き、新しい価値観を受け入れる力があった」こと。

一原さんの場合は、土台を版画ではなく石膏に変え最終的には版画版の腐食や紙の上に鉄の部品を熱して紙の上に焼き付けるというもはや版画の枠を超えてセレンディピティを生み出した。

当日配送取りやめ

ZOZOTOWN当日配送

ヤマトの当日配送縮小により、ゾゾタウンは6月12日から当日配送を取りやめる。有料会員になるか1件につき350円を払えば東京、神奈川、埼玉、千葉の3県を対象に午前9時までの注文はその日に商品が届く。

通常より早く届くサービス自体は継続するが、運輸業界の人手不足に対応し内容を一部見直す。改正後は翌日到着がもっとも早くなる。

服は当日届けば嬉しいが、そんなに早く届く必要はないと思う。

日本の長者番付14位

2017年日本の長者番付3,300億円と日本14位で41歳と若い。最近バスキアの123億で落札した。美術館を建設予定でバスキアの絵の中でもオークション最高額で集客するには十分すぎる。1番であることは大事です。絵画もジャクソン・ボロックが一番高い落札額だと思ってましたがいつのまにか変わってました。

現在世界一の絵画

336億円 デ・クーニング『インターチェンジ』

 

大手4社外部委託

ヤマトなど大手4社は、2018年3月期に外部への運輸委託を含めた人件費が前期より計270億円増える見通し。4社の営業利益率は前期比19%減の見込み。人件費の増加が9割を占める。

ヤマトは人件費が163億円増える見通し。取扱量が増え離職したドライバーの再雇用などすれば外部委託 の負担も減りそうだと思いましたが、トラック運転手を含む「自動車運転の職業」の有効求人倍率は3月に2.63倍

需要が多い分、配送料を上げて人件費も上げないと人手不足は緩和できませんが運転手も標準化されたサービスに近いので低賃金で済んでしまいます。

リカーリング

SONYの気になる収益モデル「リカーリング」音楽事業も含めると連結売上高に占めるリカーリング型事業の比率は16年3月期の35%から18年3月期に40%になる見込み。

リカーリング(Recurring)

繰り返し起きる、循環性を意味する英語。製品単体の売り切りとは異なり、安定した顧客基盤から継続的に収益を稼げるビジネスモデル。 デジタルカメラのレンズの追加やネットに繋いだプレステの有料会員が代表的。

モノを販売して利益を得ても、モノ自体の関心がなくなったり競合が出てくると売れなくなる。リカーリングは持続的で確実性の高い収益が見込めるモデル。

リカーリングは何種類かあるようですが1つ目がアーテイストがCDを出せば購入するモデル。2つ目が毎月の加盟料を払うモデル。3つ目が家電の消耗品をを継続的に買い続けさせるタイプ。

ジレットモデル

本体ではあまり利益を求めず、買い替えが必要な消耗品に利益を多くのせるビジネスモデル。電動シェーバーを使っていますが、あまり何も考えず「アルコール洗浄液」購入してます。」

ツーステップマーケティングですね。替刃もアルコール洗浄液も消費するってことがキーポイントですね。

店舗内声かけ不要

声かけ不要バッグ

実店舗だと商品は良いんですが店員が極端に若いスタッフだと色々と問題がありますよね・・・

ネットだと年齢層が幅広く獲得できると思います。

ウィンドウ・ショッピングの場合、あまり買う気が無くふらっと入っただけなのに声かけが「しつこい」時ありますよね。

アーバンリサーチは「声掛けがしつこい」「放っておいて欲しい」「もっと自分のペースで見たい」ニーズに応え、ブルーのバッグを持っていれば声かえしないという。

入店者全員がバッグ持っていたら、もはや店員の意味はあるのだろうか?その前にアーバンリサーチってそれほど声かけてこない気がしますが・・・・

実店舗は無人でいいのでは?

実店舗も試着もユニクロのように自由に試着できるといいですね。実店舗も試着だけ置いてあって自由に試着でき商品はネットで購入できるようになれば店員は入りませんね!

セレクトショップで売っているものは、ZOZOや楽天で買ったほうが圧倒的にお得です。知っている人は、楽天はポイント10倍などで買えると実店舗で見て試着して結局ネットで買うのが心理。

店員は顧客を自社だけに集中させ、競合店舗と比較させることを顧客からなくすことが大事ですね。

呂布と劉備

三国志の登場人物

「徳がななければリーダーにはなれない」から学ぶ三国志の登場人物。三国志「Three Kingdoms」第2部「中原逐鹿」まで進んでの知識で考えてみました。

世の中や周りの人に貢献しようとする心のこと。「あの人は人格者だ」「あの人は人徳者である」などと呼ばれている人がいます。そういった人は私利私欲がなく周りの人を思いやれる人です。

才とは?

戦略的に物事を考えられる頭の回転の速さや財務の知識などのスキルの一部。

「徳がななければリーダーにはなれない」ではバランスが大事だと言っていました。それでは、三国志で考えてみましょう。

才の呂布

才特化型の呂布。ドラマまでは「人中の呂布あり、馬中の赤兎あり」呂布の武器「方天画戟」。「能力、武器、馬」中国No1の才の持ち主だが、中身は子供のようで感情に流され参謀「陳宮」の進言を聞かず部下に裏切られ処刑される。

徳の劉備

民衆から部下まで徳特化型の劉備。ドラマでは徳が強めですが才の部分は張飛と関羽がバランスをとっています。

まだまだドラマ「三国志」途中ではありますが、徳と才のバランスは大事です。

中国統一するには?

中国統一には、曹操は「武力と兵士の数が大事」とセリフが出てきますが、劉備は忠厚が大事だと言います。※忠厚 忠実で人情に厚い

まだ諸葛亮が出てきませんが、どうなるか楽しみです。

三国志はわかりにくい・・・

三国志 Three Kingdoms

登場人物があまり把握できず挫折した中国のドラマ「Three Kingdoms」また最近借りてきて見るようになりました。

本当はレッドクリフから入門しようと思ったのですが、福井県内の近場のツタヤにおいていませんでした・・・・

孫堅、孫権、劉備、曹操、諸葛亮、呂布など誰がどんな人物でどんな年齢、人なのか全く登場人物を把握できない状況でした。

その時歴史が動いた 三国志

その時歴史が動いたで三国志の大まかな全体像をつかむことができ三国志「Three Kingdoms」も面白くなってきました。全95話ありますがコツコツみていきます。

分かりやすい三国志の全体像

ページ自体長く、要点だけ書いてあり分かりやすいのでページ滞在率は長そうですね。

ざっくりとわかる三国志

 

映画も本も1度だけではなかなか理解できませんね。社内に三国志に詳しいスタッフがいたのでさらに三国志について詳しくなりました。

国土が広くて人口も多いと群雄が割拠しすぎて統一は難しそうです。

コーディネートはすごい!

エアープランツ

コメリでエアープランツが売っていたのでオシャレだなぁと思い購入しました。しかし、どう飾ろうか買ってから気づきました。

植物もコーディネート

購入後、ネットで検索してエアプランツの飾り方を探しましたが色々出てきました。

エアープランツもこの画像を見せることで石や容器なども欲しくなりエアープランツだけ買っても活かしきれない。

ファッションで考えると黒のスキニーと一緒にコーディネートをオススメすれば買ってもらえる可能性が高い。

文房具のコーディネート

ペンケースもさりげなくペンを見せていると、合わせてペンも欲しくなります。このペンは何か?リンクは貼ってませんが本当に欲しかったら何か探し出したくなるが、リンクがあれば助かります。

 

アンケートでも参考になるとの声が多いですが、物を1つ買っても活かしきれない物は多いですね。

ノーとは言わない

アクタス

全国に直営27店を展開するインテリアショップ「アクタス」は、輸入家具からオリジナル家具・雑貨・カーテン・ システムキッチンまで取り揃え、丁寧な暮らしを提案しています。

平均販売額の3倍を稼ぐ

アクタスの「新宿」店の副店長はアルバイトも含めた販売員450人の平均販売額の3倍を稼ぐ

常に心掛けているのはこの2つ

1. どんな問い合わせにもノーと言わない
2. デメリットや注意点をちゃんと伝える

ソファーやベットなど1万点以上の商品がならぶ新宿店には
「おすすめソファーはどれ」「私の家にこのベットは合いますか」と目当てに訪れるリピーターが多い。

 自社では扱っていない商品

競合他社の在庫まで確認し、最寄りの店舗を紹介したこともある。求められた商品を販売できない場合は代替え案
をだす。接客マニュアルにはない親切な対応がリピーターを増やす。

デメリットや注意点を伝える

商品をすすめる場合はデメリットや注意点を伝える
白の革ソファーは汚れやすい、表面が無加工のテーブルは傷つきやすい盛り上がった顧客の気持ちに水を差すことにはなるものの、すかさず「クリーナーやオイルで定期的に手入れをすれば大丈夫ですよ」と続ければ、気にいた商品をより満足して買ってもらう言ができるからだ。

親身になって対応する一方、購入を迷う顧客にきっぱりあきらめさせることもする。例えば、リビングルームにソファと小さなテーブルを置きたいという顧客の場合。

部屋の広さが足りなければ、窮屈な印象になる。間取りを聞き出し、明らかに広さが足りないと判断すれば、リビングルームにソファーはセットという先入観は捨てて下さいときっぱり言う。あれもいい、これもいいでは結局、購入してもらえなくなる。

知識量が多い消費者

ネットは消費者が知識をため込む道具となり、
生半可な知識量では対応できない来店客も増えている。

それでも「見に来ただけなのに買っちゃた」と顧客から言葉を
かけてもらうことをやりがいに日々、接客を磨いている。

メリット、デメリットどちらも伝えノーと言わない接客が大事でネットで知識を得て店舗へ来たら下手したら店員より詳しいお客さんって・・・結構いそうですね。